「京都牝馬S&ダイヤモンドS」

2018年03月02日

「京都牝馬S&ダイヤモンドS」

小欄のミスで2月17日の重賞、京都牝馬SとダイヤモンドSの原稿がアップされませんでした。データに残しておきたいのでここにUPさせていただきます。なお()内は成績です。

11R 京都牝馬S(GⅢ)

4歳以上・牝馬の1400mのGⅢ・重賞。ここを勝って勢いに乗ってGIへ挑戦したい面々だが・・・。千二戦で実績を挙げてきた組と千六で好走している馬が混在するので距離が微妙だ。流れがどちらに有利になるか、見立てが難しい。

後者と見て本格化してきたミスパンテールに期待する。昨秋、秋華賞トライアルのローズS(GⅡ、阪神1800m)で10着に終わって秋華賞をパス。そのあと準オープンを勝ってターコイズS(GⅢ、中山1600m)を連勝した内容がよい。ポテンシャルの高さに目を付けて早くから狙い続けていた馬。もう少し距離がほしい気がするが、鞍上が流れに合わせて対応するだろう。良くなってきたここは凡退はしないはずだ。

相手選びが難しい。千二戦を中心に出走して好成績を挙げているソルヴェイグを次位に。昨春、GI・高松宮記念(中京1200m)に駒を進めてセイウンコウセイの9着に終わったあと、牝馬のマイルのGI、ヴィクトリアマイルで逃げてアドマイヤリードの0秒3差5着に残っている。追い切りの動きが良いし、千四もこなせるだろう。

単穴にはミスエルテを狙った。朝日杯FS(GI、阪神1600m)で4着のあと昨春は桜花賞で11着、牡馬混合のGI・NHKマイルCでアエロリットの7着。ここまでは相手関係と長距離輸送などで仕方ないが、昨秋が問題。メンバーが強力とはいえ2戦とも15着だった。フランケル産駒で注目され、新馬→ファルコンS(GⅢ)を連勝した馬なので、そろそろ目覚めてもらいたい。

短距離なら強力な先行力を見せるワンスイナムーン、もっと走ってもいい新潟2歳Sの覇者ヴゼットジョリー、上がり馬デアレガーロ、サザナミが抑え候補。

◎ 8 ミスパンテール(1着①3.1倍、1分23秒0・良、⑦⑥⑥34秒1、+6)

〇 3 ソルヴェイグ(11着②5.0倍、1秒5、①②②36秒1、+10)

▲ 4 ミスエルテ(7着⑥12.1倍、0秒6、⑪⑪⑩34秒3、+4)

△ 2 ワンスイナムーン(5着③5.1倍、1馬身1/2、①①①35秒1、+14)

△ 5 ヴゼットジョリー(6着⑧20.6倍、0秒6、⑥④④35秒0、+2)

△10 デアレガーロ(2着④5.2倍、1/2馬身、⑩⑩⑩34秒0、+8)

△ 7 サザナミ(10着⑩58.8倍、1秒3、⑪⑪⑩35秒0、-8)

3着エスティタート(⑤10.7倍、クビ、⑧⑧⑨34秒1、0)

4着エンジェルフェイス(⑨22.7倍、クビ、④⑤④34秒5、-2)

馬連 8→3、4、2、5、10、7

単勝310円、馬連860円、馬単1580円、3連複2930円、3連単1万0260円(枠連6-7、820円)

11R ダイヤモンドS(GⅢ)

春季の古馬の長距離重賞。東京コースの3400mでの争いで、スタミナがカギになるのは言うまでもない。実績では2度このレースを制している(2014年、15年)フェイムゲームだが、今年8歳。しかもハンデキャップ重賞で今回は58.5キロを課せられた。このメンバーなら・・・ということだが、軽ハンデ組が台頭してもおかしくない。

ソールインパクトを狙ってみる。気性的なこともあるのか、じり脚タイプだからか?分からないが、走る時と凡退に終わる時の落差が大きい。前者の好例が2走前、昨年5月のアルゼンチン共和国杯(GⅡ、東京2500m)。3歳馬スワーヴリチャードが圧勝した重賞だが、好位グループから直線脚を伸ばして2着と好走した。勝ちタイム2分30秒0(速い)のレースで着差は2馬身半。3着セダブリランテス、4着がアルバート。そんなレースができるのだから、休み明け2走目でハンデ54キロなら勝負になっておかしくない。

フェイムゲームは前記したように、このレースを連覇して翌年の16年もトゥインクルの2着している。元々が左回りが良いタイプなのでこのハンデでも軽視はできない。ただ、昨年はアルバートの6着と良いところがなかった。2番手にした。

単穴は明け5歳のリッジマン。昨年夏、1000万条件とはいえ2600mの札幌日刊スポーツ杯を捲り追い込みで勝っている。前走の万葉S(OP特別、京都3000m)で2着しているし、ハンデが52キロ。大駆けがあるかもしれない。

以下、伏兵陣。格下からの挑戦でも4歳で伸び白があるホウオウドリーム、前走のステイヤーズS(GⅡ、中山3600m)で着差はあったものの3着に追い上げたプレストウィック、2連勝でオープン入りしてAJC杯(GⅡ、中山2200m)=7着=から長い距離を狙ってきたレジェンドセラーと、ラブラドライト。

 

◎ 6 ソールインパクト(3着⑥11.7倍、1馬身1/4、⑥⑦⑦③36秒0、-4)

〇14 フェイムゲーム(1着①2.7倍、3分31秒6・良、⑩⑨⑨⑧35秒3最速、-6)

▲ 1 リッジマン(2着⑤7.5倍、1馬身3/4、⑨⑧⑦⑦35秒7、-4)

△ 5 ホウオウドリーム(7着②4.7倍、1秒1、⑫⑫⑫⑪36秒1、-2)

△ 3 プレストウィック(5着④7.3倍、クビ、⑥⑤⑤③36秒2、+4)

△ 8 レジェンドセラー(10着③5.6倍、2秒7、②③③①38秒5、-2)

△ 4 ラブラドライト(13着⑨55.1倍、6秒4、②②②③42秒0、-16)

4着リッチーリッチー(⑦21.3倍、クビ、⑪⑪⑪⑧35秒8、0)

馬連 6→14、1、5、3、8、4

単勝270円、馬連1030円、馬単1630円、3連複3460円、3連単1万2630円(枠連1-8、1360円)

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント