「函館記念」

2018年07月14日

「函館記念」

今週の重賞は15日に行われる函館記念だけ。ローカル競馬に突入して、先行していた函館に続いて福島、中京の3場開催に入って今週が3週目ですが、もう函館記念かという感じです。北海道シリーズが1開催6日(3週)になってからの日程消化の速いこと。“慌ただしい”です。ほぼ付きっ切りで取材する年月だけで35年間ありましたから思い出がぎっしり詰まっていますが、予想としてはこの函館記念が一番難しいです。

それはさておき、今年の函館記念(GⅢ、3歳以上オープン、2000m)。ハンデキャップ重賞で、背負い頭はGⅡ勝ちがあるサクラアンプルールで57.5キロ。次いでGⅢ勝ちのスズカデヴィアスとマイネルハニーが57キロ。ハンデをもらった(馬齢重量より軽い)中に好調馬が多いので波乱の要素になります。洋芝コースはどこかで無理するとゴール前で堪えることが多い。前半置かれてもあせらず“捲り”を打てる乗り役を狙うという手もあります。その前に各馬の能力、馬の状態の見極めがあるのはもちろんです。

ブレスジャーニーの復活に賭けてみます。2歳時、新馬戦(東京1400m)3着のあと同1600m戦で勝ち上がり、秋にはサウジアラビアロイヤルC(GⅢ、東京1600m)、そして東スポ杯2歳S(G、東京1800m)ではスワーヴリチャード、ムーヴザワールドの評判馬との接戦を制して重賞を連勝した馬です。そのあと故障で長期戦列離脱しましたが、無事ならクラシックの有力候補と思える内容でした。復帰してここまで5戦。まだ復活をアピールできないでいます。ただ、前走の前哨戦、巴賞(OP特別、函館1800m)の5着は勝ち馬ナイトオブナイツからアタマ、クビ、クビ、クビの小差まで追い上げました。別定重量戦では2歳重賞は加増対象から除されますが、ハンデはそれに倣ったように56キロ。狙うなら今回でしょう。

サクラアンプルールには一見、不利な材料がそろっています。トップハンデのほかに休み明け、使って良くなるタイプだから・・・とか。でも、この馬の能力は高いです。昨年夏、札幌記念(GⅡ、2000m)を勝ちましたが、今年も2月の中山記念(1800m)でウインブライトの4着、1カ月後の日経賞(中山2500m)もガンコの3着でした。ともにGⅡ重賞で57キロを背負ってです。直前の動きも悪くは見えないので逆転候補。

単穴はブラックバゴ。この馬もポテンシャル(潜在能力)は高い。デビューから3走目の2歳重賞、ホープフルS(当時GⅡ、現=GI、中山2000m)で3着。三冠レースには出走していませんが3歳春季は京成杯でベルーフにハナ差の2着。強敵ぞろいだった皐月賞トライアルのスプリングS(GⅡ、中山1800m)でキタサンブラックの6着。切り替えてダービーを目指した青葉賞(G2、東京2400m)でレーヴミストラルの4着。夢破れたうえ、故障で戦列離脱。復帰して4歳時は不振でしたが、5歳の昨年は3勝しました(6戦)。それがいずれも2000m戦で、函館でも捲り追い込みを決めて2000mを1分58秒8の好タイムで勝っています(五稜郭S)。休み明けでも怖いです。

警戒が必要なのは4歳の上がり馬トリコロールブルー。昨年夏場の充電で馬体に実か入った感じ。秋初戦(1000万下)は前走の青葉賞(7着)の時より30キロ以上増えた馬体重で快勝しました。さらに今季は1600万下に続いてオープン特別の大阪城Sを連勝。前走の鳴尾記念(GⅢ、阪神2000m)でも3着に追い上げました。

次いで巴賞で8着だったマイネルハニー。別定重量の58キロもあってゴール前で失速しましたが、今度は変わるはずです。あと抑え候補にカデナ、スズカデヴィアス。

【函館記念】(7月15日、函館11R)発走=15時45分

◎10 ブレスジャーニー

〇 3 サクラアンプルール

▲ 1 ブラックバゴ

△ 7 トリコロールブルー

△11 マイネルハニー

△ 2 カデナ

△ 5 スズカデヴィアス

連複 10→3、1、7、11、2、5

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント