「大阪杯」

2019年03月30日

「大阪杯」

土曜日の阪神の馬場コンデションは良馬場で始まって、午後後半は雨・稍重に変わっていました。ただ、夕刻には上がって当日はお日様マークのち曇りの予報。多少ゆるい馬場になったとしても、名だたるGIホースがそれに泣いてはいられません。予想の変更はやめて予定していたままにしました。昨年のダービー馬ワグネリアンに◎。
秋初戦に選んだ神戸新聞杯で中位から徐々に進出して抜け出し、エタリオウ以下を抑えて勝った。そのあと一頓挫あって休養。ここは6カ月ぶりの復帰戦ですが、調教は十分積まれています。坂路、Cウッドはもちろん、芝コースにも2回入れて追い切っています。直前(坂路)は控えたのでタイムは遅いものの、手綱を放せば突っ走りそうな気合乗り。内回りの阪神コースも3~4コーナーはカーブが緩やかなので大丈夫のはずです。
〇ステルヴィオは2月下旬の中山記念(GⅡ、1800m)でウインブライトの3着でしたが、1、2着馬(ラッキーライラック)との差はクビ、クビで直線坂上からの伸びは悪くなかった。一使われた強味があるので逆転候補。単穴には昨秋狙い続けた贔屓馬の1頭、キセキ。有馬記念からぶっつけ本番組ですが、これもかなり乗り込まれてきています。
金鯱賞4着から変わり身を見せそうなペルシアンナイトも怖い1頭。有馬記念のV馬ブラストワンピースも充実ぶりは目につきますが、ちょっと馬体が立派すぎるかも・・・

【大阪杯】(3月31日、阪神11R)発走=15時40分
◎ 2 ワグネリアン
○12 ステルヴィオ。
▲ 6 キセキ
△11 ペルシアンナイト
△ 7 ブラストワンピース
△ 1 マカヒキ
△ 3 アルアイン
馬連 2→12、6、11、7、1、3

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント