「天皇賞(春)」

2017年04月29日

「天皇賞(春)」

30日(日)、京都競馬場で春の天皇賞が行われます。第155回という伝統のGIレースで距離が3200m、負担重量も58キロと重いのでシビアな戦い。天皇賞は年2回行われてきましたが、それでも73年ですから重みが伝わってきます。秋に東京競馬場で行われる天皇賞(秋)は距離が2000mに変更になって久しいが、伝統と言うことでは「春」でしょう。

今年は昨春の覇者キタサンブラックの連覇成るか、有馬記念でそのキタサンブラックを差して戴冠した1歳下のサトノダイヤモンドか? 2強の対決が注目の的です。前日の単勝オッズはKB2.0倍.SDが2.8倍でわずかにキタサンブラックが上位。ただし、勝負ごとには両雄並び立たず―ということもありますからね。

◎はサトノダイヤモンドにしました。明け4歳なので少し分が悪いような気もしますが、素質を高く評価。昨年のダービーはかなりしっかりしてきたとみて自信ありの◎でしたがマカヒキに鼻差の惜敗。ただ、菊花賞を勝って1冠をもぎ取り、有馬記念でも期待に応えてくれました。これはキタサンブラックより2キロ軽い定量もありましたが、4歳初戦の前走の阪神大賞典(GⅡ,3,000m)では同じ57キロを背負って年長のシュヴァルグランをあっさり捉えています。ここまで成長すればチャンスは十分でしょう。

キタサンブラックの成長には正直びっくりします。3歳時も皐月賞3着、ダービー14着のあと秋に急上昇して菊花賞を制覇、有馬記念でも3着に好走していましたが、4歳になってさらに成長。春の天皇賞、秋のジャパンCと両高峰のGIを制覇。枠順と馬場コンデションもこの馬向きになる運の強さがあり、先行して有力馬が追い上げてくるのを待ってスパートする鞍上・武豊騎手の手綱捌きも絶妙です。当然、逆転候補。

単穴には人気を落としているディーマジェスティを狙いました。マカヒキ、サトノダイヤモンド・・・と高素質馬が揃った昨年の3歳世代の一角。皐月賞の快勝がフロックでなかったのは3着だったダービーのレース内容が証明しています。セントライト記念を勝って臨んだ菊花賞の4着、さらにジャパンCでの大敗(13着)で一気に株を下げてしまいましたが、ただ、今季初戦の日経賞の6着は内容的にそんなに悪くありません。加えてこの中間、ハードな追い切りを積んでいるので一変する可能性があります。

あと、侮れないのはシュヴァルグラン。昨年の3着馬で、58キロと3200mをこなした実績は重視材料です。菊花賞で鋭い差し脚でサトノダイヤモンドの2着に追い上げたレインボーラインにも魅力があるのですが、後方からのレースになるのと斤量の58キロがカギ。展開次第でしょう。昨年、1番人気でキタサンブラックの12着に終わったゴールドアクターも評価が暴落しています。当時はかなり焦れ込みが目立ちました。もし落ち着いているようなら・・・大駆けに注意。

前走の日経賞を快勝するなど快進撃が注目される新鋭シャケトラは、ここまでが軽量だった。一気に58キロになって3200mではどうでしょう。

【天皇賞(春)】(30日、京都11R)発走=15時40分

◎15 サトノダイヤモンド

○ 3 キタサンブラック

▲ 9 ディーマジェスティ

△ 6 シュヴァルグラン

△16 レインボーライン

△12 ゴールドアクター

△ 1 シャケトラ

馬連 15→3、9、6、16、12、1

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント