「天皇賞(春)」

2020年05月02日

「天皇賞(春)」

天皇賞(春)です。追い切りの過程を踏んでみた結果、実力上位の面々を重視するかたちになりました。58キロを背負って3200mの長丁場を走り切る苛酷な勝負。ちょっと調子が上がっている?ぐらいで格下の馬が首位争いできるとは思えません。過去、波乱の結末もありますが、よほど距離・負担重量に適性があった場合で、しかも、それがまだ成績に表れていないので人気薄だったケースです。
中心は昨年の覇者、フィエールマン。昨年は前記したような1頭、グローリーヴェイズ(6番人気、2着)の好走にクビ差の勝利でしたが、3着以下は6馬身以上ちぎれていました。凱旋門賞帰りだった有馬記念はリスグラシューにちぎられた4着でしたが、そのあと再調整されたすっかり立ち直ったと思われる動きです。
相手は同じ5歳馬で充実が目に付くユーキャンスマイル。ただ、東京コースで持ち味が出た印象が強いです。前走の阪神大賞典(GⅡ、3000m)は快勝でしたが、同じ右回りでも今度は京都。過信は避けたいと思います。
単穴はキセキ。ダントツの一番人気だった阪神大賞典で出遅れたうえ、大暴走して7着。でも、“掛かるな~”と心配した前走時の追い切りに比べて、今回は予想以上に良い感じの走りぶりです。ゲートさえまともに出れば復活走が望めます。
あと伏兵陣(△)の雑感。エタリオウは今季初戦の日経賞(GⅡ、中山2500m)で6着でしたが、早めに捲って内容的に見せ場はありました。最後のミライヘノツバサですが、前走のダイヤモンドS(GⅢ、東京3400m)で△を付けました。屈腱炎で長期休養後、控えめな調教で慎重に出走を続けていましたが、休養前、ポテンシャルの高さに注目していた馬です。珍しく強めに追って出走したので付けたのですが、見事、ハナ差勝ち。それが出走16頭中、16番人気でした。単勝3万2000円超。人気サイドとの組み合わせなのに3連単は、なんと355万円!(ちなみに、私は3連単馬券はほとんど買いません)ただ、ちゃんと理由がある△だったことを言わせていただきました。
【天皇賞・春】
◎14 フィエールマン
〇 7 ユーキャンスマイル
▲ 8 キセキ
△ 2 エタリオウ
△ 1 モズベッロ
△ 5 ミッキースワロー
△ 9 ミライヘノツバサ
馬連 14→7、8、2、1、5、9

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント