「天皇賞(秋)」

2019年10月26日

「天皇賞(秋)」

近年の三冠レースの覇者に牝馬の3冠馬、それらと好勝負した有力馬がそろって、競馬ファンにとってはさしずめ2000mの有馬記念?好メンバーの天皇賞になりました。目星を付けて自分が応援してきた馬を重視するのも一興かと思います。
と言っても、少し真面目に考えて中心はサートゥルナーリアにしました。初めての古馬との対戦は不安材料なのはもっともですが、天皇賞は古馬の定量が58キロ(牝馬56キ 初ロ)で厳しい。それに対して3歳馬は2キロ軽い56キロ。速いタイムのレースなるほど斤量差が活きます。それと仕上がり状態。秋初戦に選んだ京都新聞杯(GⅡ、2600m)はスローな流れの2番手から難なく先頭に立って2着ヴェロックスに3馬身差の楽勝でした。ダメージはなく、1戦こなして仕上がりが万全にみえます。相手になりそうな有力馬のほとんどが秋初戦なので期待。
〇アーモンドアイは昨年、牝馬3冠を制し、挑戦した秋季東京の最高峰ジャパンカップも目を剥く速いタイムで勝って年度代表馬になりました。さらに年明けて遠征したUAE(アラブ首長国連邦)でもドバイターフ(1800m)を楽勝。世界に名を轟かせました。ただ、帰国後に出走した安田記念ではインディチャンプ、アエロリットにクビ、ハナ差届かず、3着。帰国直後、レース中の不利があった・・・にしても物足りなさが残ります。初めて背負った56キロも原因の一つかもしれません。
単穴は贔屓馬の1頭、ワグネリアン。昨年のダービー(優勝)の◎は、外枠(17番)?問題ない、たぶん先行する(好位)の読みがあっての快哉!でした。そのあと、秋季は体調を崩しましたが、前走の札幌記念は復調気配を感じて◎にしました。ブラストワンピースの4着に終わったのですが、前肢左右とも落鉄(蹄鉄が外れること)していたそうです。今回は狙い目かも。
あと、スワーヴリチャードが思った以上に追い切りで動いています。それと、マカヒキにも立ち直って欲しいところです。
【天皇賞】(10月27日、東京11R)発走=15時40分
◎10 サートゥルナーリア
○ 2 アーモンドアイ
▲14 ワグネリアン
△ 4 スワーヴリチャード
△ 9 ダノンプレミアム
△ 8 マカヒキ
△ 5 アエロリット
馬連 10→2、14、4、9、8、5

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント