「宝塚記念」

2014年06月28日

「宝塚記念」

先週行われた2重賞はともに大荒れでした。函館スプリントSは8番人気のガルボが58キロをこなしてよく追い上げました。うなるような追い切りの動きだったので印を付けておいたのが良かった~。ゴール寸前で内のクリスマスを交わした2着のローブティサージュはいつも贔屓目(ポテンシャルが高い)の印にするので当然マーク。3着のクリスマスは3歳牝馬で50キロ。昨年、ここで新馬、2歳Sを連勝した快速馬なので▲(単穴)に強調していました。断然人気のストレイトガール、◎に期待したスマートオリオンはインに詰まってケイバになりませんでしたが、これが小回りコースの怖さです。現役時代、函館、札幌でこんなシーンをたくさん見てきたので驚きません。このあとの夏競馬の参考になるので結果を記しておきます。()内は私のメモで、競馬に詳しい方は馬、レースがどんな状態、内容だったか推察してください。
1着△ガルボ(⑧番人気35.9倍、1分08秒5・良、⑩⑨⑥3F34秒1、-2キロ)、2着△ローブティサージュ(⑥21.0倍、クビ、34秒0=最速タイ、+6キロ)、3着▲クリスマス(④12.1倍、アタマ、34秒0=最速タイ、+2キロ)、4着△セイコーライコウ(⑤13.4倍、3/4馬身、±0)、5着△フォーエバーマーク(②6.5倍、1/2馬身、逃げ35秒0、-2キロ)。◎スマートオリオン(9着③6.7倍、イン閊え、+6キロ)、○ストレイトガール(11着①1.6倍、イン閊え、+-0)
単勝3590円、馬連2万7340円、馬単6万3720円、3連複8万9720円、3連単87万2270円(枠連8310円)

東京の3歳馬のダートの重賞、ユニコーンSは◎でいけるだろうと思ったアジアエクスプレスが単勝オッズ1.3倍の一本被りで12着に終わりました。馬体重は+2キロで太いわけでなく、インに包まれていましたが致命的という不利ではありませんでした。大丈夫と思いましたが調子に問題があったのか?今のところ、原因が分かりません。立て直してトップクラスに巻き返すことを期待します。1着▲レッドアルヴィス(③13.1倍、1分36秒0・やや重、3F36秒4、-2キロ)、2着△コーリンベリー(④14.5倍、2馬身1/2、逃げ、36秒9、+20キロ)、3着△バンズーム(⑦25.9倍、クビ、36秒2=最速タイ)。単勝1310円、馬連8130円、馬単1万7760円、3連複3万3730円、3連単22万0770円

さて今週。29日は上半期最後のGI競走、宝塚記念です。阪神競馬場の芝2200m(内回り)、定量での争いですが、3歳馬の出走はないので牡馬58キロ、牝馬56キロ。天皇賞、安田記念と並んで馬齢重量より1キロですが重い。パワーも必要とみて少し注意したいところです。出走が12頭になってキズナ、フェノーメノ、ジャスタウェイがいないのはさびしいですが、それでもGIホースは5頭います。駆け引きもありそうなので展開もカギになるでしょう。
ジェンティルドンナを中心にしました。昨年のこのレース、当然人気を集めましたが勝ったゴールドシップはともかく3馬身半置かれた2着争いもダノンバラードにクビ差されて3着に終わりました。そして今年2月の京都記念。1番人気でデスペラードの6着でしたが、これも前年秋のジャパンC(1着)以来。2戦とも休み明けで負担重量が56キロと共通しています。る。ここも同じなので心配になりますが、異なるのは今年は昨年2着だったドバイシーマクラシック(GI、3月29日、UAEメイダン、芝2410m)で雪辱を果たして帰国していることです。気のせいもあるのか今回は負けた2回の時より追い切りの動きが非常に良く見えます。実力発揮を期待します。

ウインバリアシオンはオルフェーブルの前に無冠に終わっている悲運の馬。能力は高く評価しているので、屈腱炎発症から1年半ぶりに戦線復帰した昨年11月の金鯱賞(▲印、3着)から有馬記念(▲、2着)、日経賞(○、1着)、天皇賞・春(○、2着)と応援しているのですが、好走はしてもまだGIのタイトルは手にできないでいます。ただ、直前に乗り替わりがありながら(岩田騎手→武幸四郎)フェノーメノにクビ差2着だった前走の天皇賞をみても、GI馬と五分の勝負ができるのは明らか。ここはメンバー的にもチャンスで、あとは運でしょう。

大勢逆転候補はゴールドシップ。3歳時、皐月賞と菊花賞を勝ち、勢いに乗って有馬記念も制しました。年明けても阪神大賞典(GII、3000m)を連勝。天皇賞・春はフェノーメノの5着と一頓挫しましたが宝塚記念では巻き返してGI・4冠目でした。問題はその後で、スタートで後方に置かれる点の矯正を図ったのですが裏目に出た感じでおかしくなりました。ただ、今年の初戦、阪神大賞典は2番手で先行してファンを沸かせ、そのまま押し切る楽勝でした。モデルチェンジ成功と思われたのですが・・・天皇賞・春はスタートで立ち上がって後方から。7着でした。過信はできないですが、横山典騎手が3週続けて栗東トレセンへ赴いて追い切りに乗っています。雨の影響が残るようならチャンスが膨らみます。

あと特に注意したいのは牝馬のデニムアンドルビーとメイショウマンボ。56キロは初めて背負うのでどのていど影響するか分かりませんが、追い切りの動きに好感が持てます。デニムはドバイでジェンティルドンナの10着に終わって帰国したあと、5月東京のヴィクトリアマイル(牝馬GI、1600m)に出走。7着でしたが後方から0秒4差まで伸びてきていました。Mマンボはそのレースで逃げ切ったヴィルシーナの2着まで追い上げました。両馬とも今度が本調子でしょう。あと、トーセンジョーダン、ヴィルシーナが展開面での抑え候補としました。
【宝塚記念】(29日、阪神11R)発走=15時40分
◎ 6 ジェンティルドンナ 
○ 7 ウインバリアシオン
▲11 ゴールドシップ
△ 2 デニムアンドルビー 
△10 メイショウマンボ 
△ 8 トーセンジョーダン
△ 3 ヴィルシーナ
馬連 6→7、11、2、10、8、3

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント