「富士S」

2020年10月23日

「富士S」

雨、雨、雨だったお天気がようやく回復して今週は土、日ともお陽様が見られそうな予報になっています。25日の京都、無敗の三冠馬誕生が成るか注目される大一番、菊花賞の舞台が良馬場になりそうで何よりです。
前日(24日、土曜日の重賞は、東京競馬場の富士ステークス(GⅡ、東京1600m)。こちらは前日の雨が乾くまで行くか馬場状態が気になります。出走は12頭なのですが、オミット(無印)する馬に迷う好メンバー。そのうち5頭が3歳馬で、斤量差があるので要注意。波乱含みです。
ヴァンドギャルド(4歳牡馬)を狙ってみました。私には印象の薄い馬だったのですが、追い切りの動きを見ていて“あれっ?何、この馬”と思ったほどの走りぶり。改めて調べると思い出しました。インディチャンプが勝った4月京都のGⅡ、マイラーズCで3着に追い上げてきた馬でした。そのあとのGI・安田記念ではグランアレグリアの10着に終わっています。それ以来の出走ですが、調教量は十分。秋を迎えて実が入ってきたような気がします。
○は格上馬がいた札幌記念(GⅡ、2000m)で2着まで末脚を伸ばしてきたペルシアンナイトとしましたが、もう1頭、狙ってみたい穴馬がいます。▲にした3歳のタイセイビジョンです。ここにはNHKマイルカップ(3歳GI、東京1600m)を勝ったラウダシオンも出走していますが、そのNHKマイルCで◎にしました。結果は4着でしたが、この秋、巻き返してもおかしくない素質があると思っています。
△のシーズンズギフト、ラウダシオン、サトノアーサー、ワーケアは明らかな優劣ではなく、印の関係でそうなってしまったというところ。無印になったケイアイノーテック、スマイルカナにもごめんなさいです。
【富士S】(10月24日、東京11R)発走=15時45分
◎ 5 ヴァンドギャルド
〇10 ペルシアンナイト
▲ 2 タイセイビジョン
△ 8 シーズンズギフト
△11 ラウダシオン
△ 4 サトノアーサー
△12 ワーケア
馬連 5→10、2、8、11、4、12

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント