「小倉2歳S&新潟記念」

2019年08月31日

「小倉2歳S&新潟記念」

競馬カレンダーで今年の“夏の終わり”は、月をまたいで9月1日。小倉2歳(GⅢ、1200m)と新潟記念(GⅢ、2000m)が閉めの重賞です。発走順にまず小倉の2歳ステークス。
◎をどちらにするか少し迷いましたが、夏の小倉開幕週に3コーナーから先頭に出て直線追ったところなく2着に4馬身差、タイム(1200m)も1分09秒1とデビュー戦では最速だったカイルアコナにしました。先行争いが気になりますが、初戦の内容から巻き込まれないよう対処できるとみました。
迷った相手は6月阪神の1200m戦でデビュー勝ちしたトリプルエース。タイムは1分12秒5(稍重)と速くなく着差もクビ差でしたが、中位から追い上げてきっちり差し切った内容が良かった。前方で早め早めに動くレースなら逆転有望。
単穴はマイネルグリット。これもデビュー戦は中京。重馬場1600m戦を1群36秒6で勝っています。次いで小倉へ遠征してオープン特別のフェニックス賞(1200m)を1分09秒0で連勝。レースキャリアのある分、強味を発揮する?
あと、6月阪神で先行争いをして4着のあと、薬物騒動で出走除外を挟んで中京1200m戦で勝ち上がったテーオーマルクスの動きが良いので特注。
【小倉2歳S】(9月1日、小倉11R)発送=15時35分
◎ 7 カイルアコナ
○ 5 トリプルエース
▲10 マイネルグリット
△ 2 テーオーマルクス
△13 ゼンノジャスタ
△ 3 ラウダシオン
△ 6 ヒバリ
馬連 7→5、10、2、13、3、6

新潟記念はフルゲート18頭のハンデ戦。背負い頭はダイワキャグニーとクリンチャーで57.5キロですが、最も軽いので53キロ。これは無理だろうと思われる馬が3,4頭しかいないような難しいメンバーです。
前走のエプソムカップ(GⅢ、1800m)を勝った4歳のレイエンダに期待しました。昨年9月のセントライト記念(3歳GⅡ、中山2200m)でジェネラーレウーノの2着したあと⑥⑧⑨・・・古馬混合戦とはいえ不振の感がありましたが、兄(レイデオロ)が偉大だったからということもあるでしょう。でも、前走がきっかけになるかもしれません。追い切りも上々です。
〇のセンテリュオは人気うすのようですが、着々と星を積み上げてオープン入りし、前走のマーメイドS(GⅢ、阪神2000m)の4着も見どころがありました。53キロも魅力です。
▲(単穴)はジナンボー。名牝アパパネの次男(父ディープインパクト)です。新馬勝ちしたあと故障で1年以上ブランクがあって、4歳にしてまだキャリア6戦。ここが重賞初挑戦です。追い切りでビシッと追われているので応援します。
【新潟記念】(9月1日、新潟11R)発走=15時45分
◎ 9 レイエンダ
○16 センテリュオ
▲ 5 ジナンボー
△ 6 カデナ
△18 ダッシングブレイズ
△ 7 ユーキャンスマイル
△14 サトノワルキューレ
馬連 9→16、5、6、18、7、14

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント