「弥生賞」

2019年03月02日

「弥生賞」

3月最初の3日の日曜日。昨年より1週間うしろにずれ込んだ東京マラソンが重なっているので気になりますが、そちらは午前中に大勢が決します。競馬ファンとしてはそのあとの中山の弥生賞(GⅡ、2000m)でしょう。三冠レースの第1戦、皐月賞(4月14日、中山2000m)のトライアルレースで、3着まで優先出走権が得られます。5月1日から新年号になる予定なので、平成最後の皐月賞。関係者にとっては史上に名が残るので出走するだけでも大変な名誉なんです。今年の出走馬は10頭。上位に有望馬がそろっていて首位争いも見応えがありますが、3着まで入線できれば万歳!の陣営が7、8頭。これは熱が入ります。

ラストドラフトに期待しました。デビュー戦(昨年11月25日、東京1800m)は2着とアタマ差の接戦に見える勝利でしたが、5番手のインからコースを見つけてからが速かった。それと母マルセリーナ(桜花賞馬)がお気に入りの1頭だったこともあって次走の京成杯(GⅢ、中山2000m)で◎に抜擢。一転、好スタートを切ると道中、来る馬に先頭を譲って2番手から直線先頭。そのまま後続を抑えて続待に応えてくれました(4番人気。1着)。無傷の3連勝で本番へ向かってほしい馬です。
怖いのはニシノデイジー。12月中山の2000mのGI、ホープフルSで勝ち馬サートゥルナーリア、2着アドマイヤジャスタに1馬身1/2、3/4馬身差の3着に終わっていますが、初めての2000mだったので好位から末脚温存。下がり過ぎた感じで4コーナーが馬群の後ろのインで苦しくなっていました。札幌2歳S、東スポ杯2歳Sの勝ち馬で末脚はしっかりしています。追い切りの動きも目立ちます。
カントルは昨年の」ダービー馬ワグネリアンの弟。4戦2勝で、まだ兄ほどのすごみは感じられませんが距離が延びればよいかもしれません。穴狙いならブレイキングドーンをお勧めします。

【弥生賞】(3月3日、中山11R)発走=15時45分
◎ 1 ラストドラフト
○ 2 ニシノデイジー
▲ 3 カントル
△ 8 ブレイキングドーン
△ 4 サトノラディウス
△ 5 シュヴァルツリーゼ
馬連 1→2、3、8、4、5

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント