「新潟大賞典」

2019年04月28日

「新潟大賞典」

スーパーゴールデンウイークの連休3日目(29日、昭和の日)、新潟競馬場で行われる新潟大賞典(GⅢ、4歳以上、2000m)は新星、4歳牡馬のロシュフォールを狙いました。まだ6戦しかしていませんが4勝、2着1回。着外の1回(6着)は昨年4月中山のデビュー戦(2000m)で、スタートでうまく出れず最後方から。バックストレッチから一気に追い上げての直線失速でした。ただ、そのあと未勝利→500万を連勝して夏休み。
2度目の敗戦(2着)は秋の初戦で、そのあと1000万下→1600万下の特別を連勝してオープン入りしました。その2戦が圧巻で、待機策から直線スパートすると大外一気のゴボー抜きを見せています。ここは重賞初挑戦で相手が強化しますが、順調に成長すれば大舞台でも活躍する馬になりそうなので期待します。
強敵は5歳を迎えたミッキースワロー。能力の高さは皐月賞馬アルアインを負かして勝ったセントライト記念、ダンビュライトの2着だったアメリカジョッキークラブC、GIでも大阪杯、ジャパンカップの5着入線した実績から明らか。有馬記念(11着)以来でトップハンデの57.5キロですが、調教は積んでいるので軽視はできません。
ハンデ戦でメンバーも嵌れば好走というタイプが多い。その取捨が難しいので抜け目にならないよう手を広げておく手?

【新潟大賞典】(4月29日、新潟11R)発走=15時35分
◎ 6 ロシュフォール
○ 1 ミッキースワロー
▲ 7 アストラエンブレム
△15 メールドグラース
△ 5 メートルダール
△ 2 ショウナンバッハ
△16 ルックトゥワイス
馬連 6→1、7、15、5、2、16

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント