「新潟2歳S」

2013年08月24日

「新潟2歳S」

25日の日曜日、新潟で2歳馬の重賞「新潟2歳ステークス」(芝1600m)、函館ではサマースプリントシリーズの指定重賞「キーンランドカップ」(芝1200m)が行われます。夏ケイバも大詰めになってきました。

金曜日の午後、かつて某テレビ局の競馬番組のプロデューサーをやっていた友人から電話が入って、「今、函館。〇×△食堂でビールを飲んで、食べている」だと。そんなことで電話よこすなよと言いたいところですが、私としては彼の気持ち、分かるんですよね。夏の取材で函館で合流して、朝、仕事が終わると函館駅に隣接する朝市へ向かいます。朝獲れのイカの刺身にウニ、ホッキ貝・・・すっかり馴染みになった食堂のおばあちゃん(経営者)が食べな!と言ってカニを剥いてサービスしてくれたりして。毎年、うまい!うまい!の連続だったのを思い出します。

でも、クソ暑い東京・新橋の事務所いる身にはちょっと刺激が過ぎます。それで、ノルマを科しました。24日、土曜日の競馬が終わったころ、まず、函館競馬場の馬場状態を報告すること。それと「雨」の情報。今年のゲリラ豪雨は天気予報に注意していてもどこに降るかは分かりません。函館競馬場のが欲しいわけです。今のところ雨は大丈夫。金曜日に降った雨の影響で馬場は悪いけど、日曜は乾きそうです。

新潟の2歳Sですが、フルゲート18頭中17頭が1勝馬。勝つには各馬とも大幅に自己タイムを短縮するパフォーマンスが必要です。見込みだけが頼りのレースですから難しいですが、私は中京で新馬勝ちしただけのハープスターに期待しました。1400m新馬戦で勝ちタイムは1分24秒5と平凡でしたが、追い込みに出た直線で外から寄られてコースを取るのにかなり苦しい場面がありました。インにコースを見つけてからの伸び脚は見どころ十分で、2走目で大きく変わりそうな印象がありますし、中間の追い切り過程、直前の動きにも好感が持てます。

単穴には、全くの人気薄のようですがタカミツスズランを狙ってみます。函館で1200mの新馬戦を勝ってきて、直前の追い切りも控えめ。でも、3、4番手で折り合って4コーナー手前から外を回って進出。直線で前を捉えて後続を危なげなく抑えるレースをしていました。距離が延びても大丈夫そうな走りぶりです。

函館のキーンランドCはサマースプリントシリーズの指定レース(第5戦)で、1回函館の函館スプリントSを勝ったパドトロワ、同2着のシュプリームギフト、同3着のあと新潟のアイビスサマーダッシュで2着してきたフォーエバーマークが参戦しています。これに今季函館で4連勝中のストレイトガール、古豪サンカルロの新規参戦などもあってかなり激しいレースになりそうです。

アドマイヤセプターに再度、期待をかけます。函館スプリントSでも狙ったのですが、パドトロワの4着でした。ただ、先行勢が折れ合ったレースで、着差はアタマ、1/2馬身、ハナの小差に突っ込んできました。今回、先行勢にシビアな展開になることが予想されます。滞在ケイバで能力を発揮する馬で、岩田騎手も2度目の騎乗なので決めてくれないでしょうかね。

【新潟2歳S】

◎17 ハープスター

〇 4 ダウトレス

▲15 タカミツスズラン

△ 3 イスラボニータ

△ 6 マイネグラティア

△10 マキャヴィティ

△ 8 マーブルカテドラル

馬連 17から4、15、3、6、10、8

【キーンランドC】(25日、函館11R)発走=15時25分

◎ 9 アドマイヤセプター

〇15 パドトロワ

▲ 3 シュプリームギフト

△ 1 フォーエバーマーク

△11 ストレイトガール

△16 サンカルロ

△ 6 ファインチョイス

馬連 9から15、3、1、11、16、6

 

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント