「日本ダービー」

2015年05月30日

「日本ダービー」

さあ、競馬の華、ダービーです。2400mで強さを競う3歳馬の頂上決戦が今年もやってきました。クラシック三冠の第1戦、皐月賞(中山2000m)はドゥラメンテが鮮やかな差し脚でリアルスティールを捉えて戴冠しました。唖然とさせるその切れ味からドゥラメンテの2冠は確実といったムードになっていますが・・・競馬は、とくにダービーはそう簡単にはいかないという気がします。距離が400m延びてコースは東京に替わるし「諸刃の剣」の例えもあります。他の有力馬の逆転があってもおかしくはありません。
今度はリアルスティールを中心にしました。非常にセンスの良い馬で、スタートで無理なく好位のポジションに付けられるし、道中の折れ合いにも問題なく、スパートをうながすと素直に反応します。これは普通なようで非凡です。距離はまだ走ったがないので適正は分かりませんが、阪神で新馬戦(1800m)を勝ったあと東京の共同通信杯(GⅢ、1800m)に挑戦してドゥラメンテを半馬身抑えて勝ったようにコースは経験済み。この時はインから抜け、相手が大外から早く脚を使い出したレースなので勝敗だけて優劣はつけられませんが、ビシッと追った1週前、そして直前の追い切りの動きの良さから中間の成長が感じられます。このデキで負けたらしょうがありません。
もちろん強敵はドゥラメンテ。皐月賞ではポテンシャルを高く評価し「4戦2勝でも関東の“隠れエース”」として◎に抜擢しました。中山コースの正攻法で抜け出したリアルスティールを後方のインから追い上げて一気に差し切り勝ち。ただ、4コーナーでインから外へ大きく斜行して危なかった(失格?)。よく1週間の騎乗停止で済んだと思います。右回りは初めてだったとはいえ名手M.デムーロにしてこの暴れん坊ぶり。5戦中4戦が東京なので今度はコースの心配はなく、あとは折れ合いと距離。クリアできれば2冠制覇です。
穴馬にはレーヴミストラルを抜擢しました。ここが6戦目ですがデビューから4戦はスタートで後方に置かれるレースで初勝利が3走目でした。次いで2400mのアザレア賞を連勝。ところがダービー出走権がかかった前走の青葉賞(GⅡ、東京2400m)では中団の後ろに位置して早めに追い上げ、直線外に持ち出してからもスタミナ切れしないで長い直線を最後まで伸び切りました。現状ではまだ皐月賞組に強みを感じますが、今回の追い切りの動きが良いし2400mのレースを連勝して臨むのはこの馬だけ。脈ありとみました。
ほかにも有力馬がいます。サトノクラウンは1番人気の皐月賞で6着に終わりましたが、スタートで後手になって追い上げるところでも不利に遭っての結果です。東京コースの2400mならそんな心配も要らないので巻き返しが期待できます。ほかでは2200mの京都新聞杯を好タイムで勝ったサトノラーゼン、同レースで2着だったポルトドートウィユ、毎日杯を勝って皐月賞も7着だったミュゼエイリアンをマークしました。
【日本ダービー】(31日、東京10R)発走=15時40分
◎13 リアルスティール
○14 ドゥラメンテ
▲ 7 レーヴミストラル
△11 サトノクラウン
△ 1 サトノラーゼン
△ 6 ポルトドートウィユ
△10 ミュゼエイリアン
馬連 13→14、7、11、1、6、10

ダービーの余韻が残る中で行われるダービーデイの最終レースは伝統の目黒記念。4歳以上オープン、芝2500mのGⅡ・重賞で、負担重量がハンデキャップということもあって波乱になるケースが多い重賞です。実績からオーシャンブルーとムスカテールがトップハンデで57.5キロ、次いで57キロがヒットザターゲットで57キロ。大きくこたえる斤量ではないものの、近況が悪くて信頼性を欠きます。
ファタモルガーナを中心にしました。7歳になりましたが脚部不安で1年2カ月戦列を離れていた馬なので、まだキャリアは18戦。重賞勝ちはありませんが4歳時に重賞初挑戦だったステイヤーズSで2着に好走。5歳時には新潟記念で3着していました。昨年、長休明けの復帰戦で4着のあとスイヤーズSで2着、今季初戦のダイヤモンドSでもフェイムゲームの2着を確保しています。切れるという感じではなく追われてしぶとく伸びるタイプです。長距離向きですがハンデが56キロ、好位につけるレースパターンからこの距離でも期待できます。
ムスカテールは一昨年のこのレースの勝ち馬。昨年初めからダートの重賞にも活路を求めましたが、川崎記念で2着したぐらいで勝ち星にはつながりません。芝に戻った後半は掲示板の載るレースもできなかったのですが・・・久しぶりにオープン特別に出走した前走のメトロポリタンS(東京2400m)で約2年ぶり、目黒記念以来の勝利を挙げました。ニューダイナスティとハナ差の勝負でしたから半信半疑ですが対抗馬に。
単穴は5歳のトウシンモンステラ。昨秋、1600万下クラスを3、3着のあとディープインパクトCで鮮やかに差し脚を決めています。今季、オープン入り初戦の日経新春杯で8着、続く京都記念も6着でしたが、ともにGⅡの中距離戦でメンバーがそろっていたレース。とくにラブリーデイが先行して押し切った前走は3着キズナ、5着がハープスターで、勝ち馬からタイム差0秒5で食いついています。このメンバーなら54キロなので首位争いまで伸びてくるシーンが期待できます。
【目黒記念】(31日、東京12R)発走=17時00分
◎ 3 ファタモルガーナ
○12 ムスカテール
▲ 8 トウシンモンステラ
△14 ステラウインド
△15 ダービーフィズ
△10 ニューダイナスティ
△ 1 ヒットザターゲット
馬連 3→12、8、14、15、10、1

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント