「札幌記念&北九州記念」

2020年08月22日

「札幌記念&北九州記念」

今週の重賞は札幌記念(GⅡ、2000m)と北九州記念(GⅢ、1200m)。言うまでもなく注目されるのは札幌記念で、夏競馬のハイライトと言ってよい重賞で、負担重量がタイトルレース(GⅠ)と同じく定量(3歳54キロ。4歳以上57キロ、牝馬2キロ減)の実力勝負です。
となると、2歳時に3連勝で阪神ジュベナイルFを制覇し、3歳時はアーモンドアイの出現で無冠に終わったものの4歳時はエリザベス女王杯、そして今年春期は牡馬混合のGI大阪杯(阪神2000m)を戴冠したラッキーライラックということになるのですが、それでは何かすっきりしないんですよね・・・
同じ5歳牝馬のノームコアに◎としました。昨年、春季の牝馬のGI,ヴィクトリアマイル(東京1600m)を勝ちましたが、その時の4着がラッキーライラックでした。それだけではありません。強く印象に残っているのは3歳時の秋季初戦の紫苑S(GⅢ、中山2000m)。5~6番手から直線鋭く伸びて楽勝でした。この距離でも走るんだ・・・と意外でした。今年前半は1200のGI、高松宮記念(15着)は論外としてヴィクトリアマイル(3着)、安田記念(4着)と健闘はしていますが、今回、意外に?強いレースをする可能性があります。
もちろん、ラッキーライラックが逆転候補。函館記念で大駆けしたアドマイヤジャストが引き続き好気配なので要注意です。あとクラシック路線を歩んできたブラックホールの秋初戦も注目されます。先行きを考えると前走の札幌2600m戦をレコードタイム勝ちしたポンデザールのレースぶりにも注目。晩成型の可能性が大きいです。
【札幌記念】(8月23日、札幌11R)発走=15時45分
◎ 1 ノームコア
〇 6 ラッキーライラック
▲11 アドマイヤジャスト
△ 7 ブラックホール
△10 ポンデザール
△ 2 ペルシアンナイト
△ 8 カウディーリョ
馬連 1→6、11、7、10、2、8

北九州記念は1200mのハンデキャップ重賞。スピードの絶対値で高松宮記念の覇者モズスーパーフレアにしましたが、ハンデ56.5キロは牝馬にはかなり堪える斤量です。今度は走りそうな〇ダイメイプリンセス、▲レッドアンシェルと、伏兵陣のジョーカナチャン、トゥラヴェスーラなども要注意です。
【北九州記念】(8月23日、小倉11R)発走=15時25分
◎10 モズスーパーフレア
〇 9 ダイメイプリンセス
▲ 4 レッドアンシェル
△18 ジョーカナチャン
△ 5 トゥラヴェスーラ
△11 アウィルアウェイ
△17 タイセイアベニール
馬連 10→9、4、18、5、11、17

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント