「東スポ杯2歳S」

2018年11月16日

「東スポ杯2歳S」

18日、日曜日のマイルチャンピオンシップ(GI、京都1600m)は面白いレースになりそうですが、17日(土)の東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ、東京1800m)は私の大好きな2歳馬の重賞レース。2歳重賞はこのところ、8頭とか9頭とか少頭数のレースが続いていて消化不良気味でした。相手を見ながら・・・という感じで。馬の負担を少しでも軽くしたい関係者の気持ちも当然と言えば当然なんですが・・・。

ここは一気に16頭!東京コースの1800mで争われるクラシックへの登竜門というレースですから、本チャンらしくなってきました。頭数が揃っただけでなく、メンバーも大物感のある馬が複数出走しています。伏兵陣にもこの馬も一発があるかも・・・という馬がいて△が足りなくなりそうです。

中心はルヴォルグ。新馬戦を勝ったばかりですが、そのレースぶりは“今年のトップクラスの1頭”という印象でした。10月28日の東京1800mの新馬戦。出走16頭の14番枠からのスタートでしたが、ゲートも無難に出て加速も問題なく、4番手をキープ。4コーナーから外めに進路を取ると直線で難なく先頭に立って後続を突き放しました。2着に4馬身差。走破タイムは1分49秒5と速くはなかったですが、上がり3ハロン33秒6で余裕十分でした。相手なりに走れそうですし、中2周での挑戦なので軽い調整なのも予定の行動でしょう。

ホウオウサーベルは8月新潟の1800m戦でデビュー。これは追われてからが良かった。やはり14頭立ての13番と外枠からのレースでしたが、スタート良く3番手につけて直線。内ラチ沿いにいたのでどうか?と思われましたが、うまく外に持ち出されると長く脚を使って2着に3馬身半差。底力を感じさせるレースでした。次位候補。

単穴にはヴァンドギャルドを抜擢。9月阪神の1600m戦でデビューし、タイムは1分36秒8と速くないです。ただし、「重」の馬場のコンデション。しかもスタートで後手に回りながらのレースでした。それでもゴール前、馬群を割って伸びた脚は目立ちました。道中の気合の乗った走りぶりから良馬場でも速いタイムで走れるようなタイプと思われます。

ヴェロックスにも注目。初戦の8月の小倉1800m戦で2着に8馬身差の圧勝。タイムも1分48秒7だったので前走の野路菊S(OP特別,阪神1800m)も人気を被っていましたが、ここにも出走しているカテドラルに逃げ切られて半馬身差の2着でした。ただ、6頭立てのスローな流れの4番手からでしたから仕方ないかも・・・。巻き返すか。

伏兵陣の中からは前記したカテドラル(2戦2勝)、函館で②①着のあと札幌2歳を勝ったニシノデイジー、同レースでホッカイドウ競馬(当時)から参戦してクビ差の2着と奮闘したナイママも気になるのでピックアップ。2歳戦は人気薄の中にも好走する馬が潜んでいるので注意が必要です。

【東スポ杯2歳S】(17日、東京11R)発走=15時30分

◎15 ルヴォルグ

〇12 ホウオウサーベル

▲ 5 ヴァンドギャルド

△ 7 ヴェロックス

△ 3 カテドラル

△ 2 ニシノデイジー

△11 ナイママ

馬連 15→12、5、7、3、2、11

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント