「根岸S&シルクロードS」

2014年02月01日

「根岸S&シルクロードS」

今週から東は中山から久し振りの東京開催になります。第1週のメーン(重賞)はダート1400mで争われる4歳以上(オープン)のGⅢ・重賞、根岸ステークスです。中2週でフェブラリーS(GI、東京ダ1600m)ですので、有力馬にとってはステップレース。ここで勢いをつけて臨みたいところですが、見逃せないのはここを足がかりにトップクラスへのし上がりたいメンバーのレースぶりです。

とくに魅力を感じるのはドリームバレンチノです。短距離の差しタイプで私のお気に入りの一頭でした。展開の綾があったとはいえ一昨年の函館スプリントでロードカナロアを負かした印象は強烈でした。ところが、昨年はそろそろ限界かな…と思われる不振でした。スプリンターズS3着、高松宮記念の2着(いずれも1着ロードカナロア)の実績がありますが、首をひねるレースが続いたからです。

ところが11月、なんと…ダートに転進してこれほど適性を見せるとは予想外でした。初ダートのJBCスプリント(交流GI、金沢1400m)でエスポワールシチーの2着、続いて園田の兵庫ゴールドT(交流GⅢ、1400m)は59キロを背負って楽勝した。中央のダートでどうか?まだ分かりませんが、よほど適性が無ければこんなレースはできないはずです。改めて期待します。

ブライトラインも狙い続けてきた1頭です。こちらは年明けてまだ5歳。昨年早々とダートに転進して大成功でした。これまでダートで6戦して重賞勝ち(GⅢ、みやこS、京都1800m)を含めて3勝。負けても大崩れはなく、3着2回、前走のジャパンカップダートでもベルシャザールの4着に健闘しました。逃げ・先行タイプでしたが、かなり自在性が増してきたので逆転候補です。

単穴はアドマイヤロイヤル。今年7歳になりましたが、晩成型だったのか昨年あたりから中位からの差しパターンがすっかり板についてきた感があります。重賞勝ちは昨年7月の中京、プロキオンS(GⅢ、1400m)だけですが、これが1分21秒9のレコードタイム。そのあと、秋は南部杯(交流GI、盛岡1600m)で5着のあと、前走の武蔵野S(GⅢ、東京1400m)はベルシャザールに3/4馬身差の2着と中味の濃いレースをしています。差し脚が生きる展開なら一気に浮上するかも。

西は引き続き京都開催です。コースはラチを内から少し外に出して「B」使用になりますので、内枠からのスタートは問題ありません。

メーンのシルクロードステークスは芝1200mのGⅢ重賞(4歳以上)で、負担重量はハンデです。背負い頭はマジンプロスパーで、断トツの58.5キロ。中京のCBC賞(GⅢ、1200m)を一昨年57.5キロ、昨年は58キロでいずれもレコードタイムで連覇しましたから、背負わせられるのは仕方がない?

次いで57キロのスギノエンデバーですが、人気を集めそうな新進の牝馬2頭、レディオブオペラとストレイトガールが55キロになりました。両馬ともまだ重賞勝ちがありません。とくに明け4歳のレディオブオペラ、ちょっと不利かなあ。でも、GⅡ、さらにGIと前進するには泣いていられない斤量で、両馬のスピード比べが注目されます。

私はストレイトガールを軸に選びました。昨年の夏、4歳2勝馬だったこの馬が500万下から一気にオープン入りしてUHB賞(OP特別)を勝ち(4連勝)、重賞のキーンランドC(GⅢ、1200m)でも接戦の2着した時は確信しました、“これは本物”と。休み明けの前走、尾張S(オープン特別)もあっさり勝っています。以前は輸送に難があったようですが、前走、中京でも大丈夫だったので期待しました。

一つ若いレディオブオペラは3歳の昨年、秋に急成長。やはり500万下から1200mの距離で4連勝しました。前走の淀短距離S(オープン特別)も危なげなく逃げ切っていますが、4勝全てが1分7秒台とタイムが速いです。53キロで3勝(1000万下だけ54キロ)しているので55キロになったここは試金石。重賞初制覇ということになればGIへの道も開けるでしょう。

単穴はプレイズエターナル。4歳牡馬で馬齢重量なら57キロですが、55キロで2キロ“もらって”います。9月に中山で1600万下を勝ち上がったあと、オープンでも京洛S2着、京阪杯(GⅢ、京都1200m)4着、ラピスラズリS(OP特別、中山1200m)3着と善戦しているように能力はあります。斤量的に有利なので大勢逆転があってもおかしくありません。予想を下記します。

【根岸S】(2日、東京11R)発走=15時45分

◎ 8 ドリームバレンチノ

○13 ブライトライン

▲ 2 アドマイヤロイヤル

△ 1 エーシントップ

△16 セイクリムズン

△ 6 ゴールスキー

△14 シルクフォーチュン

馬連 8から13、2、1、16、6、14

【シルクロードS】(2日、京都11R)発走=15時35分

◎ 2 ストレイトガール

○ 1 レディオブオペラ

▲ 3 プレイズエターナル

△11 レオンビスティー

△ 9 マジンプロスパー

△10 サイレントソニック

△13 スギノエンデバー

馬連 2から1、3、11、9、10、13

 

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント