「毎日王冠&京都大賞典」

2019年10月05日

「毎日王冠&京都大賞典」

6日の日曜日、この秋の勢力図を描き直すことになるかもしれないGⅡ重賞が東西で行われます。東京競馬場では恒例のGIへのステップレース、毎日王冠(1800m)、そし京都では2400mの京都大賞典。ともにシーズントップの前哨戦なので実力だけで収まらない要素を孕んでいます。高速馬場もそれに輪をかける感じ。警戒が必要です。
毎日王冠は別定重量5キロで出走できる3歳馬ダノンキングリーに◎。一騎当千の古馬がそろったので“通用するかな”という不安はありますが、新馬(東京1600m)、ひいらぎ賞(500万下、中山1600m)を連勝したあと、出世レースとなった共同通信杯(GⅢ、東京1800m)で2歳チャンプのアドマイヤマーズを好位追走から一瞬の脚で差し切ってファンを驚かせました。皐月賞でサートゥルナーリア、ヴェロックスと接戦の3着。ダービーも、逃げ切ったロジャーバローズにクビ差の2着・・・期待の方が大きいです。
インディチャンプは58キロが気になりますが、同じ58キロを背負ったGI・安田記念でアエロリットを差しって勝ちました。底力がありますし、直前の追い切りでも迫力ある動きを見せています。単穴にはペルシアンナイトを狙いました。気性に難がありますが、GIクラスが揃った今夏の札幌記念で5着した内容が良かった。そして、いつも強調することですが左回りの東京になると良い方へ一変するアエロリットも争覇圏内。
【毎日王冠】(10月6日、東京11R)発走=15時45分
◎ 9 ダノンキングリー
○ 4 インディチャンプ
▲ 6 ペルシアンナイ
△ 3 アエロリット
△10 モズアスコット
△ 2 ギベオン
△ 5 ランフォザローゼス
馬連 9→4、6、3、10、2、5

京都大賞典は、人気になるでしょうがグローリーヴェイズに◎。この春、天皇賞で2着したときは正直、驚きました。定量の58キロを背負って、あのフィエールマンとクビ差の勝負・・・。3着(パフォーマプロミス)は6馬身千切れていたレースです。昨年の菊花賞で5着した時、あれっ?と思いましたし、4歳になって今年初戦の日経新春杯(GⅡ、京都2400m)でルックトゥワイスに半馬身差で重賞初制覇しましたが、55キロのハンデでした。中・長距離の適性はもう疑えません。中山1800mのデビュー戦を勝った時が432キロ。それが使われるごとに馬体重が増えて前走が456キロ。奥が深そうです。
エタリオウはクセ馬で近況はパッとしませんが、そろそろ良くなってよい頃です。▲にしたノーブルマーズも個性の強いタイプですが、潜在能力に注目しているのでいつも人気より重い印を付ける1頭です。
【京都大賞典】(10月6日、京都11R)発走=15時35分
◎16 グローリーヴェイズ
○ 4 エタリオウ
▲ 1 ノーブルマーズ
△ 9 エアウインザー
△10 ウラヌスチャーム
△14 ダンビュライト 
△11 アドマイヤジャスタ
馬連 16→4、1、9、10、14、11

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント