「神戸新聞杯&オールカマー」

2018年09月22日

「神戸新聞杯&オールカマー」

秋季のGI戦へ向けてトライアルレースが真っ盛りです。23日の秋分の日(日)は西で3歳馬の菊花賞トライアル、神戸新聞杯(GⅡ、阪神2400m)が行われます。3着まで優先出走権がありますが今年のメンバー、出走は10頭と少ないですが印がつきそうな上位馬はほとんどがダービー出走馬。本番へ向けての試走といった意味合いが強く、仕上がり状態の見極めがカギです。

エタリオウを狙いました。ここへ向けて速いタイムの追い切りを再三積んでいて、最終の坂路では仕掛けられると鋭い反応を見せています。右にもたれる(斜行)クセがあったのですが春後半は尻上がり。人気薄だったダービートライアルの青葉賞(GⅡ、東京2400m)で、ここに出走しているゴーフォザサミットの2着と好走。さらに本番ではワグネリアン、エポカドーロ、コズミックフォースに1/2馬身、クビ、ハナの差の4着!このレースで注目したいのは先行前残りが目立った中で後方からの追い上げでしたから、びっくりです。底力があります。

皐月賞馬エポカドーロの仕上がりも良さそうです。直前は芝コースに入れて戸崎騎手で脚色を確かめる程度でしたが、その前までに速いタイムの追い切りを積んできています。皐月賞(中山2000m)は道悪(発表は稍重)で、流れに乗って早めに抜け出しました。恵まれたようにも思われ、距離が2ハロン延びるダービーではどうか?と思ったのですが・・・ワグネリアンには差されたものの粘り腰は見事でした。

単穴はワグネリアン。ダービーではそれまでと一転。スタートで前へ出して5~6番手の位置。そこから伸びてゴール前、エポカドーロを捉えてダービー馬に輝きました。◎にしていたので快哉を叫ぶ結果だったですが、今回は主戦の福永騎手が落馬負傷で乗れません。脚の使いどころが難しい馬なので印はふさわしくないのですが▲。

人気薄の中ではタイムフライヤーの動きの良さが目に付きます。春季は断然人気の若葉Sで5着に終わって、皐月賞が10着、ダービーも11着。立ち直れないままでした。ただ、2歳時の昨年、京都2歳S(GⅢ、2000m)でグレイルにアタマ差2着。そのあと2歳GI・ホープフルS(中山2000m)を後方一気で勝った馬です。ポテンシャルは高いので要注意。あと、夏場を使って(札幌記念7着)今回は仕上がり上々のゴーフォザサミットと、シーズントップなのでステイフーリッシュ、アドマイヤアルバも追加しました。

【神戸新聞杯】(23日、阪神11R)発走=15時35分

◎ 2 エタリオウ

〇 8 エポカドーロ

▲ 3 ワグネリアン

△ 5 タイムフライヤー

△ 1 ゴーフォザサミット

△ 4 ステイフーリッシュ

△ 9 アドマイヤアルバ

馬連 2→8、3、5、1、4、9

 

東では古馬中心の産経賞オールカマー(GⅡ、中山2200m)が行われます。1着馬に天皇賞(秋)の優先出走権がありますが、有力馬(57キロの増量組5頭)はGI、GⅡを勝っているのであまり関係ないです。実力上位はレイデオロ、アルアインですが、ともに海外遠征帰りで長休明け。この2頭、精神面までとなると・・・走ってみないと分からない怖さがあります。

中心は昨年の皐月賞馬、アルアインにしました。気性難があって調整が難しいようですが、8月中旬には放牧先の早来のノーザンファームから札幌競馬場に入厩しています。地震で震度6強になった地域で、早めに栗東の自厩舎に戻って遭遇が避けられました。9月初旬からタイムを出し始め(坂路)、速い追い切りを3回。少し太目のようで直前の動きも今イチですが、これで仕上がるのではないか?と思います。4月に香港遠征して(クイーンエリザベスII世カップ、5着)以来の実戦ですがポジション取りに苦労しないとみて期待。

もっとも、レイデオロがまともに走れば敵わないでしょう。体調を整えるのに苦労してぶっつけ出走になった皐月賞はアルアインの5着でしたが、無難な状態で臨んだダービーは“負けるはずがない!”という自信の◎でした。歴史に残る強いレースでした。ただ、秋に神戸新聞杯を快勝して臨んだジャパンC(予想は◎)は年長のシュヴァルグランに会心のレースをされて2着。今年の初戦、2月の京都記念(GⅡ、2200m)では重馬場と折れ合いも欠いてクリンチャー、アルアインに先着され3着・・・そしてUAEに飛んだドバイシーマクラシックは2番人気で差をつけられた4着。胸を張って王道に復帰してもらいたいと思うのですが、今回は期待半分、不安半分です。

前記した2頭がそんな状態なので他馬のつけ入る隙があるかもしれません。単穴にはエアアンセムを狙いました。故障があった7歳馬なので実績はかなり見劣ります。ただ前走、7月の函館記念は4番手から直線早めに抜け出してサクラアンプルール以下を抑えました。レースぶりが良かったので善戦できるかも・・・。

次いでダンビュライト。1月中山の2200mのGⅡ,アメリカジョッキークラブCを先行押し切り勝ちしたように切れる脚はないですがバテない強さがあります。仕上がりも良い。あと、天皇賞(春)は14着の大敗でしたが、その前の日経賞(GⅡ、中山2500m)を先行して勝ったガンコ、古豪ゴールドアクターがケイコで予測以上に動いています。もう1頭、新潟記念で3着した好調ショウナンバッハを追加。

【オールカマー】(23日、中山11R)発走=15時45分

◎ 1 アルアイン

〇 7 レイデオロ

▲11 エアアンセム

△ 2 ダンビュライト

△ 3 ガンコ

△ 8 ゴールドアクター

△ 6 ショウナンバッハ

馬連 1→7、11、2、3、8、6

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント