「神戸新聞杯&オールカマー」

2020年09月26日

「神戸新聞杯&オールカマー」

9月も最終週。27日の日曜日は菊花賞トライアルの神戸新聞杯(3歳GⅡ、中京2200m)と、1着馬に天皇賞の優先出走権があるオールカマー(GⅡ、中山2200m)が行われます。注目度の高さでは前者、神戸新聞杯。無敗で皐月賞とダービーを制したコントレイルが3冠制覇へ向けて秋初戦を迎えます。無事に酷暑の夏を越したようで、調教過程と最終追い切りの動きは文句なし。◎(中心)は動かせません。
ただ、気になる点を挙げれば今年は開催場所が中央場所ではなく中京競馬場だということ。コース形態のせいか私が予想で最も相性が悪いと思っている競馬場で、ちょっとした不利に見えてもそれを取り戻すのが難しいように感じます。ここはトライアルだと思えればいいのですが・・・勝つ前から史上3頭目(シンボリルドルフ=1984年、ディープインパクト=2,005年)の無敗のままの三冠馬誕生かと騒がれるのは時期尚早でしょう。
2番手以下は下記の順位にしました。〇ディープボンドは皐月賞(10着)のあと急上昇。ここと同じ2200mの京都新聞杯(GⅡ)を勝ち、ダービーでコントレイルから着差はあったものの好位で流れに乗って5着に健闘しました。
▲(単穴)にねらったグランデマーレは追い切りの動きが目立って良いからです。昨年11月。1800mのデビュー戦を楽勝し、次いで葉牡丹賞(中山2000m)を1分58秒9のレコードタイムで連勝。骨折が判明して10カ月ぶりの出走ですが、大駆けがあるかもしれません。
そして着順はともかく、ダービーで見せ場を作ったマイラプソディも上位に挙げました。
【神戸新聞杯】(9月27日、中京11R)発走=15時35分
◎ 2 コントレイル
〇11 ディープボンド
▲ 1 グランデマーレ
△17 マイラプソディ
△15 ファルコニア
△ 6 マンオウスピリット
△18 ヴェルトライゼンデ
馬連 2→11、1、17、15、6、18

中山のオールカマーは中心になると思われたフィエールマンが熱発のため急きょ回避。加えて雨量は少ないものの断続的な雨で馬場状態が気になります。出走は9頭ですが、上位争いは予断できない好メンバー。休み明けの馬が多いのでその取捨がカギです。
中心はミッキースワロー。ここからの始動は予定通りでしょう。中山のこの距離は得意で、最終追い切りも、これでぴったり仕上がるという感じのタイム、動きです。
カレンブーケドールは2月の京都記念(クロノジェネシスの2着)以来の実戦。ドバイ遠征が空振り(開催中止)に終わって帰国し、体勢を立て直しました。かなりダメージがあったようですが、追い切りでは思った以上の動きを見せています。
▲に抜擢したジェネラーレウーノにも同じようなことが言えます。こちらは屈腱炎発症で1年8カ月ぶりの復帰戦。ただ、追い切りの動きだけを見ると“やっぱり(長休でも)走る馬は走るな~”という印象です。あとは(△)順調組の3頭。
【オールカマー】(9月27日、中山11R)発走=15時45分
◎ 3 ミッキースワロー
〇 8 カレンブーケドール
▲ 5 ジェネラーレウーノ
△ 1 クレッシェンドラブ
△ 7 ステイフーリッシュ
△ 4 センテリュオ
馬連3→8、5、1、7、4

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント