「福島牝馬S」

2019年04月19日

「福島牝馬S」

皐月賞が終わって舞台が東は中山から東京開催に移ります。西も1~2回連続開催だった阪神から京都へ。開幕週は21日(日)の東西2つのGⅡ、オークストライアル(東京2000m、2着まで本番の優先出走権)とマイラーズカップ(京都1600m、1着に安田記念の優先出走権)に集まりますが・・・その前に20日(土)の福島牝馬ステークス(GⅢ、4歳以上牝馬、1800m)。
出走は10頭ですが逃げ、先行、差し、追い込みと極端に脚質が異なるメンバー。それぞれの乗り役がどんな手に出るかな?と読み出すと面白くなります。
デンコウアンジュを狙いました。カワキタエンカとランドネがどう折り合うかですが、ちょっと難しいでしょう。デンコウアンジュは末脚勝負ですが、小回りの福島でもこの頭数なら柴田善臣騎手が捌いてくれるとみて期待します。
1000万→1600万下を連勝して本格化を予感させるダノングレース、前走の中山牝馬Sで5着でしたが内容の良い接戦だったフローレスマジックが強敵。ただ、展開がもつれそうなのでゴール前、意外な伏兵の台頭があるかもしれません。△を付けておきます。

【福島牝馬S】(4月20日、福島11R)発走=15時25分
◎ 5 デンコウアンジュ
○10 ダノングレース
▲ 6 フローレスマジック
△ 2 カレンシリエージョ
△ 4 カワキタエンカ
△ 3 ランドネ
△ 7 ペルソナリテ
馬連 5→10、6、2、4、3、7

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント