「福島牝馬S」

2020年04月24日

「福島牝馬S」

25日の土曜日、福島で行われる福島牝馬ステークス(GⅢ、1800m)は1着馬にGI・ヴィクトリアマイルの優先出走権がある重賞。フルゲートの16頭になったが、そのうち半数以上の10頭を西の栗東トレセンからの遠征馬が占めていて、しかも有望馬が多い。遠路はるばるやってきても勝つのは大変で、しかも無観客レース。同情したくなります。
中心は明け4歳のエスポワールにしました。ここまで9戦して4勝、2着2回、3着1回。レースの中身が濃く、昨秋の秋華賞は9茶に終わっていますが3番人気に支持されたほど。3歳最終戦のターコイズSでコントラチェックの2着まで追い上げ、4歳初戦の前走の中山牝馬S(GⅢ、1800m)でも不良馬場の中、3着まで追い上げています。結果的に人気に応えられない形になりましたが、能力は高いです。通常の馬場コンデションなら大丈夫でしょう。
その中山牝馬Sを勝ったフェアリーポルカが当面の相手ですが、他にも怖い相手がいます。今年7歳を迎えましたが一発なら▲にしたデンコウアンジュ。1月の愛知愛(GⅢ、小倉2000m)で捲り追い込みを決めましたし、前走の中山牝馬の4着も大外へ持ち出された直線の伸び脚は目立ちました。あと、サラキア以下の伏兵陣にも要注意。

【福島牝馬S】(4月25日、福島11R)発走=15時25分
◎ 1 エスポワール
〇14 フェアリーポルカ
▲11 デンコウアンジュ
△ 3 サラキア
△ 6 カリビアンゴールド
△ 4 アロハリリー
△ 8 ダノングレース
馬連 1→14、11、3、6、4、8

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント