「秋華賞」

2017年10月14日

「秋華賞」

15日の日曜日、京都競馬場で牝馬3冠の最終戦、秋華賞(G1,2000m)が行われます。桜花賞馬レーヌミノルは出走しているもののオークス馬ソウルスターリングは別路線を歩みました。春季のクラシック路線にはいなかった新鋭、夏を越して充実が感じられる馬もいるので春の勢力図が大きく変わるかもしれません。1600m(桜花賞)と2400m(オークス)の中間距離での争いなので距離適性の見極めがカギになります。

中心はファンディーナにしました。新馬→500万下特別→フラワーカップ(GⅢ)と1800m戦で3連勝して、選んだ挑戦が牡馬相手の皐月賞(中山2000m)でした。その圧勝ぶりから断然の一番人気に支持され、結果は7着。快挙は成らなかったものの5番手あたりで先行して直線いったん先頭に立つかというレース。最後に失速したといっても2000mを1分58秒3で走ったのですから私は立派だと思います。落ち着きを保ってレースに臨んでいたら勝ち負けになったかもしれません。この秋。トライアルのローズS(GⅡ、阪神1800m)に出走して新鋭ラビットランの6着に終わったので人気が落ちそうですが、当時は馬体に余裕があったし(+18キロ)、ここへ向けての一叩きのレース。直前の負い切りでゴール前ビシッとやられているので本番では変わるでしょう。距離適性、京都コースで2戦2勝のほか関東勢に比べれば輸送のリスクも少ない。総合力で優位とみました。

強敵がいます。まず、アエロリット。桜花賞は後方からのレースになって5着に追い上げるのがやっとでしたが、そのあと調教を重ねて良化。この馬の素質には惚れ込んでいました。この状態で得意の左回りなら・・・とみて牡馬相手の1600mのGI・NHKマイルカップで◎に抜擢。さらに良化を感じた札幌のクイーンS(GⅢ,1800m)もGI勝ちした年長馬アドマイヤリードを差し置いて◎にしました。2戦とも勝ってくれて感謝です。ただ、2000mとなるとどうか?鞍上(横山典)が工夫して乗ると思いますが、ほかに長距離輸送のリスクもあるので2番手にしておきます。

単穴はディアドラにしました。追い上げる脚が長く持続するタイプ。タイム、着差は目立ちませんが、古馬との対戦だった札幌の1000万下特別・HTB賞(2000m)の追い込み勝ちは内容十分。オークスで4着まで追い上げていますが、トライアルの前走の紫苑S(GⅡ、中山2000m)=もちろん◎=の勝ちぶりもナットク。2000mぐらいが適しているように感じますので抜擢しました。

次いで新鋭そのもののラビットラン。まだキャリア5戦と言う前に、デビューから3戦(1勝)がダートだったことに驚きます。初芝だった7月中京の500万下、次いでGⅡのローズSでの一気の追い上げは見事。スタート後のポジション次第では怖いです。次いでオークス2着のモズカッチャン、前走で先行から差しに回っても好走したポールヴァンドル、最後の一伸びが不満でもどのレースでも追い上げているリスグラシューに要注意です。

【秋華賞】(15日、京都11R)発走=15時45分

◎16 ファンディーナ

○ 1 アエロリット

▲14 ディアドラ

△ 2 ラビットラン

△ 4 モズカッチャン

△17 ポールヴァンドル

△ 7 リスグラシュー

馬連 16→1、14、2、4、17、7

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント