「秋華賞」

2020年10月17日

「秋華賞」

「秋華賞」
今週は無敗のまま桜花賞とオークスを勝ったデアリングタクトが臨む秋季の3歳牝馬のGI、秋華賞です。ちょっと横道へ。このレース、厳密に言うと「クラシックレース」ではありません。牝馬の「クラシック」は英1000ギニーとオークスをモデルにした桜花賞とオークス(正式競走名=優駿牝馬ですが、このレースは後に創られたGIで、出走するために必要なクラシック登録(救済措置あり)は必要としません。20数年経った今もです。
別に他意はないのですが、「牝馬の3冠馬」とか言うのを聞いたり読んだりするどうしても気になります。まして「三冠馬」となると・・・これは同モデルが2000ギニー(皐月賞)とダービーS(ダービー=東京優駿)、セントレジャーS(菊花賞)。来週、コントレイルが勝てば堂々、日本のクラシック三冠馬です。
横道へ入ってウロウロしていたら道に迷いました。秋華賞、もちろん◎はデアリングタクトです。2週続けての追い切り映像で観察したら、馬体、動きとも問題ないどころか春季より成長しています。しかも落ち着きがあって、鞍上との呼吸もぴったり。精神面の成長も感じさせます。ケイバは何があるか分かりませんが、余程のアクシデントがないかぎり大丈夫でしょう。
馬場状態が気になりますが、相手の一番手は前哨戦のローズSを楽勝したリアアメリア。そして怖いぐらいに良くなっているように見えるウインマイティーに(単穴)。オークスの時はウインの2頭のうちマリリンの方を上位(△の1)にしましたが、今回はこちらを重視。前走の紫苑Sの6着も大外からの伸び脚は差し切れるかというぐらいでした。
あと、紫苑Sで2着のパラスアテナが道悪巧者かもしれないので上位にランク。
最後(印は最多で7頭)の△は抽選で勝って出走にこぎ着けたソフトフルート。旧知の調教師・松田国英の管理馬で、火曜日に追い切ったあたりに”らしさ”があります。スタートに少し難があってレースも粗削りですがポテンシャルは高いです。大駆けがあるかもしれません。

【秋華賞】
◎13 デアリングタクト
〇 2 リアアメリア
▲ 5 ウインマイティー
△16 パラスアテナ
△17 ウインマリリン
△ 1 ミヤマザクラ
△ 8 ソフトフルート
馬連 13→2、5、16、17、1、8

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント