「菊花賞」

2018年10月20日

「菊花賞」

2018年、3歳クラシック三冠レースの最終戦、菊花賞です。皐月賞馬エポカドーロは駒を進めてきたが、ダービー馬ワグネリアンはトライアル戦には出走して勝ったんですが結局、このレースは回避しました。フルゲートの18頭。各馬、3000mは未知の距離なので適性は予測の域を出ません。ただ、春季に比べて大きく成長を感じさせる馬が多いし、2冠に出走していない新星の中にも魅力を感じる馬が複数います。人気の一角になりそうな馬にも死角があるので“乱菊”になっても驚かないつもり?です。

中心はブラストワンピース。この馬には結構早く目を付けていて、皐月賞には出走しなかったのですが、もし出走していたら◎の予定でした。満を持してダービーに出走。それまでのレースパターンを変えて勝ちに出たワグネリアン=福永騎手に軍配が上がって、この馬は5着に終わりました。ただ、着差は1/2、クビ、ハナ、ハナ・・・しかも直線、ここからというところで進路がふさがる不利があって、そこから外に持ち出しての再接近でした。5戦して負けたのはそのダービーだけ。このレースを目標に9月2日の新潟記念(GⅢ、2000m)に出走して古馬勢をあっさり破っています。勝負はやってみないと分かりませんが、総合力では明らかにこの馬が上位だと思います。

エタリオウはそのダービーで4着。1勝馬でダービートライアルの青葉賞(GⅡ、東京2400m)で2着しての出走でしたが、後方で脚をためて直線大外から急襲。先抜けしたワグネリアンに3/4差まで迫りました。夏場を順調に過したようで、トライアルの神戸新聞杯(GⅡ、阪神2400m)でも勝ったワグネリアンに半馬身差に詰め寄る2着。課題はポジション取りで、それに脚を使うと末脚が不発に終わる恐れがあります。今回も末脚に賭けるでしょう。嵌るかどうか?

春季のメンバーと対戦していない新進に目を移すと・・・単穴に抜擢したフィエールマンは1月末に東京1800m戦でデビュー勝ちし、4月中山の1800mの500万下特別を連勝。3連勝を狙った7月福島のラジオNIKKEI賞(3歳GⅢ,1800m)は半馬身届かず2着でしたが、直線ですごい差し脚を発揮しています。3戦ともスタートで煽っているのですんなり好位で・・・は期待できませんが、どこで速い脚を見せるか興味深々。

次いでスタートで先行グルプに付けられそうなアフリカンゴールド。この春、出走レースを中距離に延ばすと①②①①着。1戦ごとに持ち味を発揮し出した。仕上がりの良さも目立ちます。もう1頭、グロンディオーズ。ルーラーシップ産駒で馬体重が530キロ前後の大型馬。かなり追わせるタイプで、①③①①着の4戦全てを外国人ジョッキーに託しています。流れに乗せる、ステッキを入れて勝負に出るなど、かなり無理させていますがバテないしぶとさがあります。

新進の側に肩入れしてしまいましたが、実績上位組では皐月賞馬エポカドーロ、気性難があるようで春季は能力を発揮していないグレイルがだいぶ良くなってきたように見えます。特注。

【菊花賞】(10月21日、京都11R)発走=15時40分

◎ 3 ブラストワンピース

〇 9 エタリオウ

▲12 フィエールマン

△10 アフリカンゴールド

△14 グロンディオーズ

△ 5 エポカドーロ

△ 2 グレイル

 

馬連 3→9、12、10、14、5、2

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント