「金鯱賞&フィリーズレビュー」

2019年03月09日

「金鯱賞&フィリーズレビュー」

春一番で9日土曜日の中山牝馬Sは大荒れ?上位人馬が総崩れでしたね。でも運・不運はレースに付きもの。勝った馬も、負けた馬も次、頑張ってもらいましょう。10日の日曜日は2つのGⅡ重賞が行われます。
発走順に、まず中京競馬場で行われる4歳以上オープンの金鯱賞(2000m)。すごいメンバーになりましたね、GIホースが5頭! つい最近まではローカル色を感じるような重賞だったんですが、昨年、ここを踏み台のスワーヴリチャードが中2週でGI・大阪杯を勝ちました。同じGⅡでも金鯱賞の格が上がったと言っても良いぐらいです。
◎はダノンプレミアムにしました。昨年の皐月賞馬で、1番人気で6着に終わったダービー以来9カ月半ぶりの出走。でも、この馬は皐月賞までの出走レースを見ても分かるように、調教だけで仕上がる稀有な馬です。最終追い切りの動きから期待します。
次いで調教を積み重ねている一昨年の皐月賞馬アルアイン。▲(穴馬)にはGIは勝っていませんがNHKマイルC(GI)2着のギベオンを狙ってみました。
【金鯱賞】(3月10日、中京11R)発走=15時25分
◎ 1 ダノンプレミアム
○10 アルアイン
▲ 7 ギベオン
△ 6 ペルシアンナイト
△ 8 エアウインザー
△11 リスグラシュー
△12 モズカッチャン
馬連 1→10、7、6、8、11、12

阪神の桜花賞トライアル、フィリーズレビュー(1400m)はフルゲートの18頭。この距離は内回りコースです。◎アウィルアウェイはスタート、加速に難があるので過信できませんが、能力上位は明らかなので中心にしました。昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズを回避することになった捻挫の方は心配いりません。次位候補は先行、好位追走タイプを重視。長距離輸送の影響がなければ関東から向かったホウオウカトリーヌの浮上が期待できます。
【フィリーズレビュー】(3月10日、阪神11R)発走=15時35分
◎ 5 アウィルアウェイ
○12 キュールエサクラ
▲ 6 プールヴィル
△ 9 メイショウケイメイ
△11 ホウオウカトリーヌ
△15 ジュランビル
△16 ココフィーユ
馬連 5→12、6、9、11、15、16

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント