「阪神大賞典&スプリングS」

2018年03月17日

「阪神大賞典&スプリングS」

18日の日曜日は東西でGII・重賞が行われます。陽気も良くなって各地で桜の開花宣言が伝えられていますが、競馬カレンダーも次週から芝のGIレースが開始。今週はそのステップレースです。阪神大賞典(GⅡ、3000m)は1着馬に天皇賞(春)=GI、4月28日、京都3200m=の優先出走権が付いている古馬の前哨戦。人気を集めそうなのは明け4歳のクリンチャー。昨年の菊花賞2着馬で、今季初戦の京都記念も勝って鞍上には武豊騎手。万全のように見えますが・・・

レインボーラインを狙ってみます。差し脚の鋭さではこのメンバーで一番でしょう。昨年秋はGIの3戦に絞って出走。天皇賞(秋)はキタサンブラックの3着、ジャパンCはシュヴァルグランの6着、有馬記念はキタサンブラックの8着でした。首位争いには加われませんでしたので印象は薄いですが、天皇賞の3着は内心びっくりする好走でした。2年前の3歳時、札幌記念でネオリアリズム、モーリスに次ぐ3着まで追い上げて菊花賞(GI、京都3000m)ではサトノダイヤモンドの2着に追い上げました。ここは有馬記念以来の出走ですが、天皇賞(秋)がそうだったように休み明けは走るタイプです。今年5歳。まだ下降する年齢ではなく、ここであっ!と言わせてもおかしくありません。

もちろん、クリンチャーにケチをつけるつもりは毛頭ありません。皐月賞で好位から直線先頭に立った時、一瞬“ギャっ!”でした。◎にした牝馬のファンディーナにパドックで不安を感じて▲のアルアインを軸に馬券を買っていたのですが、この馬は当時⑬番人気(単勝76.7倍)で私もノーマーク。結果は4着でしたがそれ以来、この馬には注意しています。前記したように菊花賞でキセキの2着に好走し、前走は好位から抜け出してアルアイン以下を抑えました。追い切りの動きも良いです。

単穴はサトノクロニクル。長距離への適性が心配ですが、前半はスローになるはず。2週目の3コーナーあたりからペースが上がるレースなら対抗できるはずです。有馬記念以来でも乗り込まれていて速いタイムの追い切りも再三こなしています。次いで長距離実績あるアルバート。あと先行勢のカレンミロティック、ヤマカツライデンにも注意。

【阪神大賞典】(18日、阪神11R)発走=15時35分

◎ 7 レインボーライン

〇 8 クリンチャー

▲ 6 サトノクロニクル

△10 アルバート

△ 4 カレンミロティック

△11 ヤマカツライデン

馬連 7→8、6、10、4、11

 

中山のフジテレビ賞スプリングステークス(GⅡ、1800m)は弥生賞に次ぐ皐月賞トライアル。3着馬までに優先出走権があります。弥生賞より1ハロン短い距離がカギでしょう。ここでコースを経験させ、体調アップと距離にめどを立てて本番に進みたいメンバーの対戦です。

ルーカスに再注目します。世界を股にかけて活躍したモーリスの全弟。8月札幌でデビュー勝ちして話題になりました。ところが・・・帰厩初戦の東スポ杯2歳S(GⅢ,東京1800m)でワグネリアンにあっさり突き放されて2着、さらに暮れのホープフルS(2歳GI、中山2000m)でタイムフライヤーの6着に終わって影が薄くなりました。でも、2歳から3歳時は成長期。追い切りの動き、馬体を見ると緩さが解消してきているように思われます。素質が無ければデビュー戦のような勝ち方はできません。改めて期待しました。

ステルヴィオは4戦2勝、2着2回。6月早々、東京1600m戦でデビュー勝ちし、2走目は札幌開催に合わせて1800mのコスモス賞で連勝しました。秋はサウジアラビアRC(GⅢ、東京1600m)でダノンプレミアムの2着。朝日杯FS(GI、阪神1600m)も同馬の2着。ロードカナロア産駒でまだ距離への対応が過信できないのでここが試金石です。

単穴はゴーフォザサミット。2歳時に3戦。札幌1800m新馬戦で5着に終わったあと、中山1800m戦で勝ち上がり、東京2000mの500万下特別を2分00秒9の好タイムで連勝しました。前走の共同通信杯(GⅢ、東京1800m)はオウケンムーンの4着でしたが差し馬に不利な展開で、しかも休み明け。今回、変わる可能性は十分あります。

伏兵陣ではオルフェーブル産駒で中間好気配見せているエポカドーロ(3戦2勝)に特注。次いでダートで5戦(2勝)したあと初めての芝だった前走のすみれSで3着したビッグスモーキー。抑え候補にカフジバンガード、レノヴァール。

【スプリングS】(18日、11R)発走=15時45分

◎ 2 ルーカス

〇 8 ステルヴィオ

▲11 ゴーフォザサミット

△ 5 エポカドーロ

△ 7 ビッグスモーキー

△10 カフジバンガード

△ 4 レノヴァール

馬連 2→8、11、5、7、10、4

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント