「鳴尾記念」

2019年05月31日

「鳴尾記念」

中央場所の春季開催も最終章に入りました。今週から3歳馬が4歳以上の古馬との混合戦になります。負担重量がぐんと軽くなるので注意が必要です。それはともかく、阪神開催の一週目のメーンは鳴尾記念(GⅢ、阪神2000m)。登録馬が少なかったうえ回避馬もいて9頭の争いになりました。
別定重量戦なのですが加増馬はいません。ただ、対象になるGI・GⅡで好走した馬が複数いますし、個性の強い馬の対戦なので面白い(難しい?)レースになりそうです。
中心はギベオンにしました。昨年のNHKマイルカップの2着馬で、潜在能力をかなり高く評価しています。ただ、気分屋のような感じで案外に終わるレースもある。レース間隔が開きましたが追い切りの動きはいい感じなので今回期待します。
タニノフランケルはフランケル×ウオッカという名馬同士の産駒。もっと走ってもらわないと困りますよね。先行して二の脚を使うレースが増えてきたので展開的に期待して上位にしました。
単穴はノーブルマーズ。成績不振に見えますが、出馬登録したメトロポリタンSが雹(ひょう)で中止になったあと、速い調教をかなり積んでいます。直前もビシッと追われて良い感じ。昨年のGI・宝塚記念の3着馬です。

【鳴尾記念】(6月1日、阪神11R)発走=15時35分
◎ 3 ギベオン
○ 4タニノフランケル
▲ 5 ノーブルマーズ
△ 7 メールドグラース
△ 8 ブラックバゴ
△ 6 ステイフーリッシュ
馬連 3→4、5、7、8、6

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント