「NHKマイルC&新潟大賞典」

2020年05月09日

「NHKマイルC&新潟大賞典」

東京開催の春季3歳GIがスタートします。初っ端はNHKマイルカップ(GI,1600m)。フルゲート18頭の中に牝馬が3頭います。牡馬が57キロなのに対して2キロ軽い55キロでの出走なので注意が必要です。
中心には牡馬の中からタイセイビジョンを採りました。昨年6月に阪神で新馬戦(1400m)を勝ったあと函館2歳S(1200m)に向かってビアンフェの2着でしたが、小回り馬場でスタートで後手に回りながらよく追い上げてきたとういう内容。11月東京の京王杯2歳S(GⅡ、1400m)に東上した時は、この馬は走るよ!と友人に弁を振るったのを思い出します。直線、伸び脚鋭くビアンフェ(2着)に雪辱しました。朝日杯FS(GI,阪神1600m)での2着も勝ったのが皐月賞でコントレイルに半馬身差2着だったサリオスです。前走のアーリントンC(GⅢ、阪神1600m)で追い込み勝ちを決めたあとも順調のようです。東京コースは望むところでしょう。
〇はマイル戦で新馬、1勝クラス、そしてニュージーランドトロフィー(GⅡ)と3連勝したルフトシュトロームにしましたが、少しテンションが上がっているような気もします。パドックの様子に注意したいところです。
単穴はサクセッション。1600m戦で新馬→アスター賞(1勝クラス)を連勝したあと、西へ遠征したデイリー杯2歳S(GⅡ、京都1600m)で6着。でも、1月中山のジュニアC(L,1600m)を1分33秒4で楽勝。前走のスプリングS(GⅡ、1800m)は3着でしたが、馬体や追い切りの動きの良さは目立ちます。マイル戦に戻れば真価発揮?
そして西からはデビューから3戦3勝のサトノインプレッサと、桜花賞2着のレシステンシア。能力では十分通用しそうですが、今回は遠征で長距離輸送があります。できれば馬体重と雰囲気に要注意です。
【NHKマイルC】(5月10日、東京11R)発走=15時40分
◎ 2 タイセイビジョン
〇14 ルフトシュトローム
▲ 8 サクセッション
△17 サトノインプレッサ
△ 3 レシステンシア
△ 5 シャインガーネット
△18 ウイングレイテスト
馬連 2→14、8、17、3、5、18

今週から始まった春の新潟では古馬のハンデキャップ重賞、新潟大賞典(GⅢ、2000m)が行われます。ギベオンを狙いました。もう少し走れるハズと期待し続け、そろそろ諦めようか・・・という気になっているのですが、ここで止めると走るような気がして吹っ切れません。
【新潟大賞典】(5月10日、新潟11R)発走=15時20分
◎ 3 ギベオン
〇 7 ブラヴァス
▲ 6 レッドガラン 
△ 8 ダイワキャグニー
△ 4 インビジブルレイズ
△ 2 エアウィンザー
△12 アトミックフォース
馬連 3→7、6、8、4、2、12

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント