「トライアルレース」

2013年03月09日

「トライアルレース」

クラシックのトライアルレースが次々に行われている。すでに重賞を勝っていればまず安泰だが、そうでない有望馬の関係者は“どこで出走権を得ようか”と競馬カレンダーとニラメッコ、相手関係を調べたり…と大変である。そしてレース。いつもは勝つと万歳!で負けるとがっくりだが、本番への出走権がかかるトライアルでは2着でも3着でも権利が取れれば上出来。クラシックへ夢がつながるからで、レース終了後の検量馬ではそんな悲喜こもごもの光景が見られる。

10日の阪神のメーン「フィリーズレビュー」は先週のチューリップ賞に続く桜花賞(4月7日、阪神1600m)のトライアル重賞。本番より200m短い1400mコース(内回り)で争われ、3着まで本番の優先出走権が得られる。関東からも4頭が参戦したが、これらにとってはまず長距離輸送がカベになる。メンバーをみると西の有力と見られる馬もそれぞれ不安を抱えている。

競馬で易しい予想なんてないが、とくに波乱が多いのが2歳重賞から今頃に続く3歳の重賞レースで、とくに牝馬のレースが荒れる。逆に言えば「穴馬券の宝庫」だ。私は「馬券はレースに合わせて買う」のを鉄則にしている。荒れると見れば▲から抑えたり、〇から抑えたり、印を付けなかった馬を追加したり…。このレース、各馬、どんな状態でパドックに出てくるのだろう。

フィリーズレビュー】(10日、阪神11R) 発走=15時35分

◎12 サンブルエミューズ
〇 5 サウンドアリーナ

▲ 4 メイショウマンボ

△ 3 ノーブルコロネット

△15 シーブリーズライフ

△10 ラトーナ

△ 9 サマリーズ

馬連=12から5、4、3、15、10、9へ

中山牝馬S】(10日、中山11R) 発走=15時45分

◎16 オールザットジャズ

〇 8 スマートシルエット

▲12 サンシャイン

△ 9 オメガハートランド

△13 アイスフォーリス

△ 2 フミノイマージン

△14 アカンサス

馬連 16から8、12、9、13、2、14へ

 

榎本正男プロフィール

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント