「ペットと子ども」

2013年06月06日

「ペットと子ども」

先日、ホームセンターで、レジの前に並んだ人が買った物に目が釘付けになりました。「ペットの牛乳」と書いてあるではないですか!

思わず、「どっきりか?」と周囲を見渡した後に、「イヌがウシの乳を飲むのか」としみじみしてしまいました。

しかし、「そんなこと言ったら、ヒトだってウシの乳を飲んでるじゃないですか!」という声が聞こえて来そうで、「別に、そんなに驚くことではないのでは…」という結果に落ち着いた次第です。

調べてみると、ペットの牛乳にも、「子犬・子猫用」に始まって、「成犬用」、「シニア用」など色々あることが分かりました。「肥満・高齢用」も用意されています。ちなみにお値段は、1リットルで600円程度。

さて、この数年で、「人間が飼うペットの数が人間の子供の数を上回った」のをご存知でしょうか。ちょっと、下のグラフをご覧下さい。

pet-2

このグラフが作られたのが2003年で、この時、2013年の子供の数は1655万人と予想していました。今年4月現在の15歳未満の子供の人口は、1649万人。予想よりも少ないことが分かります。これに対して、3年前の犬猫飼育頭数は、2147万3000頭。やはり、ここ数年で、ペットと子供の数が完全に逆転しています。

今日の朝刊には、「出生率が16年ぶりに1・41に上昇。しかし、出生数は103万7107人で過去最小を更新」とあります。

ペットは、どんなに成長しても、働くようになって日本の国を支えてはくれません。やはり、子供を育てやすい国にすることが重要なのだろうと思います。

この記事へのコメント

コメントを書く

(※皆様からお寄せいただいたコメントは管理人の方で精査させていただいた上で 掲載いたします。全てのコメントが掲載されるとは限りませんのでご了承ください。)

コメントを残す

コメント